悔やむ

どうして彼を好きになっちゃったんだろう・・・。

それが自分の恋愛感情を自覚した瞬間の正直な気持ちでした(苦笑)
もっと「無難」な人を好きになれば楽だったのになんて思って居た私ですが
今になって考えてみれば無難なんて何1つ存在しないんですよね。
悔やむ
私が好きになった人は、趣味の場所で目立つ存在の人でしたので
彼のファン的な女性も居ました。
それだけに、私は恋心を抱いた瞬間から諦めムードの感情も同時に取り込んでいたのです。

もっと積極的に彼に話せばよかったかな。
楽しい会話1つくらい用意をしてきても良かったのではないかな。
そんな風に、彼を見かけるたび・会話を交わすたびに思うようになって居ました。

そうなると、私の感情は悔いばかりでいっぱいになるのです。
そしてその悔いが私の‘足止め‘となってしまうのです。

悔やむのは今することじゃないのでは?
というのは友達の意見でした。
第三者だからこその的確な意見であったと思います。

やりきる前から、悔いを残していくなんて勿体無いですよね。
そう考えられるようになってからは、アクティブに動けるようになりましたし
彼との関係も少しずつ新しい展開が生まれ始め、お付き合いをしようということになりました。